So-net無料ブログ作成
検索選択

阪神大震災15周年追悼式典、皇太子ご夫妻出席(読売新聞)

 阪神大震災の犠牲者を悼む兵庫県の「15周年追悼式典」が17日、神戸市中央区の県公館で開かれた。

 皇太子ご夫妻をはじめ、鳩山首相、遺族代表ら約450人が参列。皇室からの追悼式典への出席は2005年の天皇、皇后両陛下以来で、首相の参加も10年ぶりとなった。

 式典では、正午から全員で1分間の黙とうをささげ、皇太子さまが、犠牲者への哀悼の意にあわせて「震災の経験をいかして、安心して暮らせる地域づくりが進められ、そこで培われた知恵が、次の世代に継承されることを期待します」と述べられた。鳩山首相は「防災対策を進め、国民が安心して暮らせるよう全力を挙げる」と誓った。

 続いて、自宅で長男(当時16歳)と、ホームステイしていたオーストラリア人男性(当時24歳)を亡くした遺族代表の松浦潔さん(56)(神戸市兵庫区)が「会いたい、もう一度会いたい、会いたい。この想(おも)いは、変わることはありません」と、深い悲しみに声を震わせた。

 オーケストラが演奏する鎮魂の曲が流れるなか、亡き人をしのぶ遺族らが祭壇に花を手向けた。

「梁山泊」実質経営者ら逮捕=法人税4億円脱税容疑−大阪地検(時事通信)
「小沢氏、出処進退自ら判断すべき」みんなの党の渡辺代表(産経新聞)
車輪の格納扉開く、ボンバル機が伊丹に引き返し(読売新聞)
おじいちゃん、おばあちゃんの孫への援助は年間75万円(産経新聞)
<学力テスト>鳥取県は経費を全額肩代わり 平井知事方針(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。