So-net無料ブログ作成
検索選択

17年前にも「創新党」 小沢氏ら、新生党旗揚げ時に検討(産経新聞)

 山田宏東京杉並区長らが新党「日本創新党」を結成したが、民主党の中核をなす小沢一郎幹事長や羽田孜最高顧問(元首相)らが平成5年に自民党を飛び出し新生党を旗揚げする際に「創新党」が有力な党名候補として一時検討していたことがわかった。幻に終わった創新党が17年の歳月を経たいま、“反民主党政権”党の形で実現したわけだ。

 関係者によると、新生党結成の際に、「温故創新」を座右の銘とする羽田氏が「創新党」を党名に提案し、もうひとつの候補として浮上した「自由新党」のいずれかにする方向で検討された。

 ところが、最有力視されていた「創新党」については「語呂がよくない」などといった否定的な意見が出たうえ、「自由新党」に関してもすでに自治省(現・総務省)に届け出されていた。このため、結局“補欠”扱いとされていた新生党に決まったという。

 新生党は「自立と共生」を理念としたが、日本創新党が掲げる「国家の自立」や「国民の自立」と図らずも重なる。首長新党の名称について、新生党結党時のメンバーの多くが所属する民主党からは、「清新さはない」「二番煎(せん)じだ」と、“負け惜しみ”とも受け取れる声が出ている。

【関連記事】
山田宏 東京都杉並区長、日本創新党旗揚げ 首長ら「現状打破」
参院選後「政界再編ビッグチャンス」 みんなの党・渡辺代表
舛添・東国原会談、新党触れず 「オオカミ中年」党内から批判
「たちあがれ日本」がネットで好評?
自民党崩壊の始まり?保守再生へ大胆な提案
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

転落 2階の手すり崩落、生徒2人けが…茨城の高校(毎日新聞)
医療+介護費、払い戻し過ぎ8244万円(読売新聞)
41年ぶり、都心で最も遅い降雪=低気圧と強い寒気が影響(時事通信)
J:COMケーブルテレビ回線電話が不通(産経新聞)
47独法、151事業が対象=事業仕分け第2弾−刷新会議(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。