So-net無料ブログ作成
検索選択

<嘉手納高野球部>部員2人を逮捕…酒気帯び運転容疑 沖縄(毎日新聞)

 沖縄県立嘉手納高校野球部員2年生が飲酒のうえバイクを運転したとして、県警沖縄署に道交法違反(無免許運転、酒気帯び運転)容疑で逮捕されていたことが分かった。また、同署は飲酒したとして同部員2年生4人を注意した。嘉手納高校野球部は昨秋の高校野球秋季九州大会で優勝し、今春の第82回選抜高校野球大会に初出場、1回戦で敗れた。

 同署によると、逮捕容疑は7日午前0時半ごろ、酒を飲んだうえで無免許で沖縄市内でバイクを運転したとしている。部員は「好奇心で酒を飲んだ」と容疑を認めているという。

 他の4人は6日夜、沖縄市内のアパートで、逮捕された部員とともに泡盛やビールなどを飲んだとされる。逮捕された部員は酒がなくなったことから、バイクで酒を買いに行く途中だった。【徳野仁子】

【関連ニュース
窃盗容疑:タクシー乗り逃げ、松阪市職員を逮捕
酒気帯び容疑:教育次長を検挙 茨城・行方
酒気帯び運転:伊良部元投手を逮捕 米ロス近郊で
横浜3人死傷:飲酒者に車提供の容疑者在宅起訴
横浜・居酒屋3人死傷事故:飲酒者に車提供 容疑者、在宅起訴

官僚大バカ→知識と経験生かす…菅さん変心(読売新聞)
政策立案の調査委設置=戦略室(時事通信)
犬死骸大量投棄、罪状認める=動物葬祭業者―さいたま地裁支部(時事通信)
亀井郵政相 辞任を閣議決定…後任は国民新・自見氏で調整(毎日新聞)
<トド>白い赤ちゃん誕生 国内初か 北海道・おたる水族館(毎日新聞)

<iPS>抗がん細胞作成に成功 理化学研(毎日新聞)

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)から強力な抗がん効果のある特定のリンパ球のみを大量に作成することに、理化学研究所のチームがマウス実験で成功した。作ったリンパ球をがんのマウスの体内に入れて活性化させると、抗がん効果を発揮することも確かめた。がんの免疫細胞療法での応用が期待できるという。1日付の臨床試験に関する米科学誌(電子版)で発表した。

 リンパ球の一種「ナチュラルキラーT(NKT)細胞」には、他の免疫細胞にも働きかけ、がん細胞を直接または間接的に殺す作用がある。

 理研免疫・アレルギー科学総合研究センターの渡会(わたらい)浩志・上級研究員(免疫学)らは、マウスのNKT細胞に4種類の遺伝子をウイルスに運ばせてNKT細胞由来のiPS細胞を作った。これをリンパ球に分化させると、すべてNKT細胞になった。

 生まれつきNKT細胞を持たないマウスにがんを移植し、続いて作成したNKT細胞と活性化物質を静脈に注入すると、がんは大きくならず、マウスは1年後も生き続けた。一方、NKT細胞を持つが活性化させなかったマウスは、がん移植後平均約1カ月で死んだ。

 チームは千葉大と連携し、これまでに人間の体内のNKT細胞を活性化させてがん細胞を攻撃する新たな免疫細胞療法を開発。末期の肺がん患者を対象にした臨床試験で、従来の治療法より高い効果を確認しているが、もともとNKT細胞が少ない患者では効果が低かった。事前に体内のNKT細胞を増やせば効果が高まると想定されるが、特定のリンパ球を大量に作る手法はこれまでなかった。

 渡会上級研究員は「将来、患者のNKT細胞を基にiPS細胞を介して大量のNKT細胞を作り、患者に戻すことができれば、より効果的な治療法になる」と話している。【須田桃子】

【関連ニュース
肝臓幹細胞:皮膚から作成…国立がん研究センター成功
京都大iPS細胞研究所:公開…分散していた研究拠点集約
幹細胞:政府の姿勢を「研究阻害」と批判…京都大准教授
iPS細胞:京大の特許管理会社がライセンス契約
ヒト生殖細胞研究

<中3トイレ監禁>昨秋から登校せず 学校「不登校と判断、虐待見抜けず」(毎日新聞)
菅代表選出の公算、きょう午後新首相指名(読売新聞)
強盗致傷容疑で男2人再逮捕=ひったくりで女性にけが―警視庁(時事通信)
<民主代表選>菅副総理が出馬の意向示す(毎日新聞)
「新生ファイザーで多角化を一段と強化」(医療介護CBニュース)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。